GS1事業者コード(JAN企業コード)

佐賀商工会議所では商品に付けるバーコードに必要な「GS1事業者コード(JAN企業コード)」の申請を受け付けています。

JANコードとは?

JAN(Japanese Article Number)コードは、日本の共通商品コードとして流通情報システムの重要な基盤となっています。
JANコードはバーコード(JANシンボル)として商品などに表示され、POSシステムをはじめ、受発注システム、棚卸、在庫管理システムなどに利用されており、
さらに公共料金等の支払システムへの利用など利用分野の拡大がみられます。

JANコードは日本国内のみの呼称で、国際的にはEANコード(European Article Number)と呼称され、
アメリカ、カナダにおけるUPC(Universal Product Code)と互換性のある国際的な共通商品コードです。

JANコードには、標準タイプ(13桁)と短縮タイプ(8桁)の2つの種類があります。
さらに、標準タイプには、最初の7桁がGS1事業者コード(JAN企業コード)となっているものと、9桁がGS1事業者コード(JAN企業コード)となっているものに分けられます。
標準タイプ(13桁)は、GTIN-13、短縮タイプ(8桁)はGTIN-8と呼ばれることもあります。

※2012年4月より「JAN企業コード」と呼んでいた名称を「GS1(ジーエスワン)事業者コード」に変更しました。

GS1( Global Standards ・ Global System ・ Global Synchronisation)これらの言葉を統合してGS1と呼んでいます。GS1は略称ではありません。

JANコードの体系

GS1事業者コード(JAN企業コード)には、(国コードを含め)9桁と7桁の2つがあります。

(流通システム開発センターより抜粋)

GS1事業者コードの申請手続(新規)の方法について

※下記のGS1事業者コード利用の手続き」を購入【販売価格1,200円(税込)】とありますが、

 現在は無料で配布を致します。

※大変便利なネットでの申請手続きのご利用が可能です。下記URLをご覧下さい。

 http://www.dsri.jp/jan/jan_apply.html 

GS1事業者コードの更新申請手続の方法について

GS1事業者コードの期間は3年です。3年毎に更新手続きが必要です。
gs1更新手続きフロー

GS1事業者コードはお客様の申請に基づき、一般財団法人流通システム開発センターが付番し、管理します。
全国の商工会議所は申請書の受理を委託されています。
 

詳しいお問い合わせは
一般財団法人流通システム開発センター
TEL:03-5414-8511

(C)2016Saga Chamber of Commerce & Industry. All rights Reserved.