小規模事業者持続化補助金について

日本商工会議所小規模事業者持続化補助金事務局ホームページ

商工会議所の管轄地域で事業を営んでいる小規模事業者等については、以下の事務局ホームページをご覧ください。

一般型
コロナ特別対応型

 

申請先確認のお願い
持続化補助金については、「商工会議所」と「商工会」で同様の事業を行っています。申請先のご確認をお願いします。(作成する様式や申請先を誤ると受け付けられません。)
管轄は、原則として「事業を営んでいる場所」で判断します。
  • 旧佐賀市内在住の個人事業主が、佐賀市大和町で営む理容室の販路拡大に取り組む場合は、佐賀市北商工会が管轄。
  • 佐賀市川副町に本社登記のある法人が、旧佐賀市内で営む小売店の販路拡大に取り組む場合は、佐賀商工会議所が管轄。
  • 神埼市在住の個人事業主が、旧佐賀市内で営む美容室の販路拡大に取り組む場合は、佐賀商工会議所が管轄。
  • 佐賀市在住の個人事業主が、福岡市中央区で営む飲食店の販路拡大に取り組む場合は、福岡商工会議所が管轄。

 

持続化補助金のご検討にあたって 
  • 持続化補助金は、経営計画に基づく販路開拓等の取組を支援するものです。名称が似ている「持続化給付金」とは異なり、事業主が策定した経営計画が審査され、採択された方のみが補助事業者となります。
  • 補助金が入金されるのは、補助事業を実施し、実施報告書等の審査が完了した後(補助事業経費を手持ち資金で支払った数カ月後)です。制度の仕組上、一時的な資金繰り悪化が予想されますので、手持ち資金に余裕をもって取り組んでください。
  • 新型コロナウイルス感染症対策に対する補助「事業再開枠」は、あくまで持続化補助金採択者のオプションという位置づけであり、「事業再開枠」単独での申請はできません。(販路開拓につながらない空気清浄機やマスク購入費用のみでは申請できません。)
  • 各種様式(書式)は、Microsoft WordまたはExcelにより作成されています。Windows及びMacで動作するMicrosoft WordExcelをご使用の上、書類の作成をお願いします。
  • 以上を含め、事務局ホームページに掲載されている申請時点における最新版の公募要領をご熟読いただき、内容をご理解いただいた上で申請をご検討ください。(インターネット上の第三者が作成した情報は、古い公募要領に基づいた誤った情報の場合がありますので、ご注意ください。)
  • なお、今年度は申請件数が増加しており、締切間際は大変混みあいます。申請に必要な経営計画策定等について、当所以外に以下の公的窓口でも無料相談を行っていますので、ご活用いただくようお願いします。
佐賀県よろず支援拠点
佐賀よろずコロナ対策支援窓口
佐賀市産業支援相談室

 

 

(C)2016Saga Chamber of Commerce & Industry. All rights Reserved.