労働保険事務組合

労働保険事務組合制度

労働保険事務組合に煩わしい労働保険事務を委託しませんか?

労働保険とは「労働者災害補償保険(一般に「労災保険」といいます)」と「雇用保険」とを総称した言葉です。
農林水産の事業の一部を除き、労働者を一人でも雇っていれば適用事業となり、事業主は成立手続きを行い、
労働保険料を納付しなければなりません。

事務委託するメリット

1.労働保険料の申告・納付等の事務手続きを代行しますので、事務の省力化が図られます。
2.労働保険料の額にかかわらず保険料の納付を3回に分割できます。
3.労災保険に加入できない事業主や家族従事者の方でも、労災保険に特別加入することができます。

事務委託できる事業主

※ 佐賀商工会議所会員限定
1.金融、保険、不動産、小売業・・・常時使用する労働者が50人以下
2.卸売業、サービス業・・・常時使用する労働者が100人以下
(清掃業、火葬業、と畜業、自動車修理業及び機械修理業は除きます。)
3.上記以外の事業・・・常時使用する労働者が300人以下

事務委託できる事務の範囲

 労働保険事務組合が処理できる労働保険事務の範囲はおおむね次のとおりです。

1.概算保険料、確定保険料などの申告及び納付に関する事務
2.保険関係成立届、雇用保険の事業所設置届の提出等に関する事務
3.労災保険の特別加入の申請等に関する事務
4.雇用保険の被保険者に関する届出等の事務
5.その他労働保険についての申請、届出、報告に関する事務

なお、労災保険及び雇用保険の保険給付に関する請求等の事務は、
労働保険事務組合が行うことのできる事務には含まれませんのでご注意ください。

委託手数料(年額)

【取扱い人員】 ①労災保険のみ   ②雇用保険のみ ③労災保険+雇用保険
1~4人 4,000円 8,000円 12,000円
5~9人 6,000円 12,000円 18,000円
10~15人 8,000円 16,000円 24,000円
16~20人 10,000円 20,000円 30,000円
21~29人 14,000円 28,000円 42,000円
30人以上 18,000円  36,000円 54,000円

 

 

TOPへ戻る